カメラはラヴ&ピース!

カメラ博愛主義、レンズ開放主義のブログ

X-H1を買いました その2

いよいよ発売日当日。

すでに手持ちのデジタルカメラやらレンズやら何やらは全て売却済。

現金購入の準備を整えるためとはいえ、1週間ほどフィルムカメラのみの生活です。

邪念を除くべく、X-H1のこと以外は考えないようにしました(笑)。

 

発売日は平日だったのですが、会社にはCP+見学のための直行直帰許可をもらっていますので、その途中立ち寄りということで、朝の11時台前半にお店を訪ねました。

朝のビックカメラの景色はまた新鮮ですね。

ハルク店のカメラコーナーは元々デパートとして作られた建物の2階にあるので、入口から爽やかな午前の光が差し込みます。

 

そこから入って奥へ向かい、レジのそばでおもむろに

「すみません、予約しておいた者ですが…」

と切り出してふと周囲を見渡すと、まだお昼前でお客が少ない上に、買う奴なんて自分ひとりです。

目立つ!(実際は他のお客さんにジロジロ見られたりしないです、落ち着け自分)

 

レジ前で少し待つと、黒い箱が出てきました。

「おおお、想像よりちょっとデカい」

特にグリップの箱がかなりデカいのが想定外です。

箱から中身を取り出していよいよご対面。

α7sもGH5もミラーレスカメラとしては大きい方ですが、厚みと重厚感はそれ以上に感じました。

保証書に押印している間、今度は用品類を同時購入するためにお店を回ります。

いや、ここが今回ビックで買った大きな理由でして。

この日はカメラ関連アクセサリーを5点(以上)同時購入するとポイントが15%になるキャンペーン期間中。

なんという僥倖でしょう!たまには天が味方することもある(笑)

何せベース金額の大きいカメラですから、5%の差でも万単位。

液晶保護フィルムとSDカードだけでも2点、あとは安いクロスなどで数合わせを…。

と行けば簡単だったのですが、なんと発売日に保護フィルムが入荷せず。

SDはキャンペーンで入手する予定で不要のため、さらに目算が狂います。

苦肉の策で、ブロアとクロス以外に買った3点がこちら。

DSCF1192.JPG

デジタルカメラのためにフィルムを買う…冗談みたいな本当の話です。

こうして15%にアップしたポイント全額で、グリップも無事購入。

(グリップの箱が大きかった理由は、ACアダプターが同梱されているからでした)

 

保護フィルム未入荷のお詫びにと販促品までもらって、発売日としては恐らく誰よりもお得にX-H1を購入できた?僕ですが、ここからCP+まで怒涛のような慌ただしい時間を過ごすことになります。

 

その話はまた次回に。

「その3」に続く