カメラはラヴ&ピース!

カメラ博愛主義、レンズ開放主義のブログ

X-H1を買いました その1

はじめまして。

最初の記事なので、簡単な自己紹介を。

 

性別:男性

年齢:ミドルエイジ=おっさん

写真歴:約12年(年齢の割に浅い)

趣味:カメラ

特技:人物撮影

資格:フォトマスター検定1級

現在所持しているカメラ:CONTAX AX、LEICA M5、CONTAX T、FUJIFILM X-H1

 

実は数年前にブログを書き始めていたのですが、諸事情で放置していました。

昨年からフィルム写真撮影を再開したこともあり、復活させることにしました。

中には全く不要な話もあれば、有益な話もあると思います。

その辺りは読者の皆様に上手く使い分けていただければ幸いです。

 

 

DSCF1193.JPG 

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-H1ブラック X-H1

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-H1ブラック X-H1

 

 さて、表題に移ります。

いきなりですが僕、今月発売のミラーレスカメラ、FUJIFILM X-H1を“発売日に”買いました。

人柱上等だぜ!ヒャッホー!

 

「アホな事した?」という自覚ですか?

正直かなりあります。

買い増しではなく完全な買い替えですし。

ソニーα7sパナソニックGH5とレンズ数本ずつ、全て売り飛ばしました…。

誓って言いますが、どっちもいいカメラです。

ですが、フィルム撮影を再開した僕の中で明らかに「動画中心」でカメラを選んだことへのモヤモヤが。

 

「気持ちよく写真撮りたーい、ええい!」

そんな心の声が、予約させてしまったのです。

 

というわけで、購入記。

良かったら読んでくださいませ。

 

 

今から少し遡ること2月の中頃。

噂サイトなどで小出しにされてきた情報が解禁になりました。

「X-H1」という、フジ初のボディ内手ぶれ補正を搭載する新型が3/1に発売されるのです。

その先行展示の情報を聞き、ビックカメラ新宿西口店、いわゆる「ハルク店」へ。

「CP+前に触れる!」とトキメキながらコーナーへ直行すると、もう先客がいました。

しばらく待たされます…。

永遠のような数分後(笑)実機とご対面!

触りながら「デカくね?シャッター軽すぎね?」とネガな独り言を呟きつつ。

頭の中はもう、自分の愛機にした時の妄想モード(笑)

ですがそういう時に限って、店員さんは背中を押してくれないものです。

散々悩んで、深呼吸するためカタログをもらって翌日出直し。

そして「すみません、予約を…」

まんまと買っちゃいましたよ!

 

はてさてそして数日後。

ふと僕は思い出したのです!

フジの必殺

「バッテリーグリップないと性能落ちる」

じゃなかった(笑)

「バッテリーグリップをつけると性能アップする(ブーストモード)」

という事実を。

慌ててそっちも予約(笑)

ついでにキャンペーンの予約宣言も済ませます。

 

そしていよいよ2/28。

発売前日のこの日、お店から丁寧に「入荷しました」の電話連絡が入りました。

なんて親切な!

「てことは?今日フラゲできますか?」という僕の願いは丁重に断られ…。

なんて殺生な!

あと1日待つことの辛さ…電話して来たら欲しくなるじゃん。

悶々とした2月の最終日はこのようにして終わり、いよいよ購入の日を迎えます。

 

「その2」に続く